champix

champixの作用

champixは「飲む禁煙の薬」、正式には経口禁煙補助薬と呼ばれるものです。

 

 

禁煙補助薬は他にもあり、その中に貼るタイプやガムタイプがあります。

 

 

2つのタイプはニコチンを含んでいるために、禁煙によるニコチンの離脱症状を抑えて禁煙を助けてくれるものです。

 

 

一方でchampixはニコチンは含んでいないために、この点で上記のような禁煙補助薬と違うものです。

 

 

そしてニコチンを含んでいないものの、禁煙によるニコチンの離脱症状を抑えたり、たばこを吸いたいという気持ちを抑えたりします。

 

 

さらに喫煙した時に得られる満足感を抑えます。

 

 

もっとくわしく言うと脳の中にあるニコチン受容体というものに、ニコチンの代わりにくっついて、つまり作動薬と呼ばれるものとして作用して、たばこの離脱症状を軽くするのです。

 

 

それから喫煙してニコチンを体の中に取り込んだ時に、ニコチン受容体にくっつき、つまりこの場合は拮抗薬と呼ばれるものとして作用して、ニコチンがくっつかないようにして、喫煙しても満足感が得られにくくするのです。

 

 

このようなchampixを服薬するさいの注意点として、うつ症状の薬を服薬している人は、そのことをちゃんと医師に伝えましょう。